本文へスキップ

大阪市中央区のミュゼ・アルディはカウンセリングルーム登録商標山手心理相談室(本町相談ルーム)の運営会社です。

協議離婚HEADLINE

大部分の方が選択されます

夫婦が話し合いをし,離婚する旨の合意が成立
すれば,後は離婚届を市区町村に提出するだけ
で離婚が成立します。日本では、まだまだこの手
続により離婚するケースが大半を占めています。

   
離婚の際には,当事者間において決めておくべ
き事項が多数あります。夫婦間で離婚をするか,
離婚の条件はどうするか話し合います。上記につ
いて夫婦間で合意に至れば,公正証書を作成,
離婚届を提出します。

「とにかく離婚したい!」からという場合でも、何も
決めないまま、あるいは口約束のみで離婚してし
まうと後から不都合が生じる可能性が高くなります。

リスク回避のためには、以下のような条件につい
て十分に話し合いを持ち、決定しておく必要があ
ります。できれば合意の内容を書面にしておき、
養育費等の金銭の支払いを離婚後に受ける場合
には,将来支払ってくれなかったときに備えて公
正証書を作成しておくと良いでしょう。

本当はもっともらえるはずだったのに・・・・というこ
とにならないように、協議離婚の際にもできるだ
け専門家の意見を取り入れることが大切です。も
っとも、いくらきっちり取り決めておいても、離婚
後夫が利殖したりして支払い能力がない場合な
どはどうしようもありません。やはり、相手を良く
見て結婚することが大切です。

決めておくべき事項

まったく何も取り決めずに離婚できる場合はまだ
「不幸中の幸い」といえるかもしれません。一般的
には多くの方が以下のような事項を取り決めてい
ます。


☆慰謝料

☆財産分与・年金

☆婚姻費用清算

☆養育費(子供が成人するまで、または大学卒業まで)・子供との面接条件

☆親権者(監護権者)の指定(子供が未成年の場合は、親権者は誰なのかを離婚届に必ず書かなければならないため離婚前に決定する必要があります)


上記は、「離婚を決めた」場合のことです。ミュゼに
お越しの方の場合は、まず修復をお考えの方が多く、
逆に離婚条件の取り決めはなおざりになりがちです。
離婚を考える際に、さまざまなことをマルチタスクで
考えましょう。