本文へスキップ

大阪市中央区のミュゼ・アルディはカウンセリングルーム登録商標山手心理相談室(本町相談ルーム)の運営会社です。

依存症と結婚・恋愛HEADLINE

ACと依存症

アダルトチルドレンの方には”依存症の割合が高い”
といわれます。

 依存症 カウンセリング  依存症 共依存
なぜそうなるのかといえば、子供のころに「愛情」が
不足していることと、「自立できる能力」が不足してい
ることが主な要因です。


依存症は、物質依存とそれ以外(主として対人と行
為)に大別できます

★物質依存

アルコール・ニコチン・薬物(覚せい剤等)依存症のよ
うに、ある特定の物資を体内に吸収せずにいられない
状態です。


★その他依存

ゲーム・パチンコ・競馬などのギャンブル・スマホ・LI
NE・買い物依存症など行為に関する依存や、恋愛
やセックスなどの人に対する依存です。結婚前はし
っかりした人だと思っていたのに、結婚してみると「マ
マ・ママ」と実家の母親に頼ってしまうなどの幼児性
が見えてくることも。マザコンも立派な依存症です。


ここでは、その他依存について説明しましょう。


依存症の人には、たとえば次のような特徴がよく見
られます。


★いつも、なぜだか分からないが自分や環境に満
足できない。

★家族・友人・恋人などに、なぜか受け入れられて
いないと感じる。

★得意・不得意にかかわらず、なぜか強い劣等感を
持っている。

★それらの関連で、なぜだか分からないがストレス
フルになる。


いつもこのような状態だと考えると、孤独感や猜疑心
などが発生し、そのつらさから逃れるために買い物
やゲーム、恋人のように、自分の目の前にある対象
に強く傾倒していきます。

やがて、普通の場合はどこかで引き返せるのに、そ
れがなければ、一種のパニック状態になっていきます。
この状態を依存症と呼んでいます。


登録商標山手心理相談室(大阪・本町相談ルーム)
では、この「なぜか」を「性格」と「能力」に分解して究
明し、それぞれに適合したSSTとカウンセリングを行
っています。



(改善には多くの困難が待ち受けています。最低限
乗り越えたいという積極さが必要です)